一般外来での治療方針

当院では、一般外来では、カウンセリングの技法を取り入れた治療をおこなっております。

東海大学病院で治療に当たっていた時期から、一般外来では、それほど長い時間をとれませんでしたが、精神分析学を学んだエッセンスを用いて治療をしてきました。他にも認知行動療法的なアプローチを用いたり、環境調整を主体にしたり、いろんな方法を取り入れておりました。

患者さまの病状に合わせてむしろはっきりと「これをやってください」ということもあります。(うつ病の患者さんに、危険だから休職してくださいということもあります)

でも、、、本当は、ヒントだけ差し上げて、ご自分が気付くまで待つというのが私の基本的なスタンスです。

これは、私が精神分析学を学んできたときに、指導医から「患者さんが自分で気付いたことを大切にしなさい」「患者さんが自分で気づいたことは患者さんの手柄」と繰り返しいわれていた事からそうしていることです。

ただ単に説明したり、説得したりして「頭で分かること」と「腑に落ちる」事が、別の次元の話だからです。

一般的な説明は致しますし、その状況に応じてヒントも差し上げたり、一緒に考えることももちろんしますが、どちらかというと、患者さまがご自身で考えるのを待っている事が多い気がします。ご自分で考えられるようになった方が、後々応用が利くと考えるからです。

直接的なアドバイスを期待される方には、もしかしたら、期待はずれになるかもしれません。

 

【一般外来における環境調整についての治療方針】

一般外来で、患者さまだけでなく、ご家族、あるいは、ご本人の同意があれば、職場の方の同席で説明をすることもございます。 これは普通に行っていることです。

一般外来の時間以外では、一般外来の枠で済まない環境調整などを行っております。

後で復職について記載する予定ですが、休職中の患者さまが復職をめざしている方の場合、職場の制度(体制)や上司の理解が得られないとスムーズに進めることが出来ません。

ご自身への職場復帰についての説明は一般外来の中で行っていきますし、一般には、職場の方への説明もその中で行っております。

 

八戸マナクリニック  心療内科 精神科  院長 岡田 元