私が専門に学んできたのは、主に精神療法です。
個人治療では精神分析学、簡単に言うとフロイトがはじめた個人のカウンセリングです。
もう一つが集団精神療法。とくに精神分析の理論を用いた言語グループと、J.L.モレノ(故人)がはじめた芸術療法の一種でもあるサイコドラマです。

平成18年6月に当院を開業した当初から、時間をきっちり決めたカウンセリング(「構造化面接」の一種です)を臨床心理士に担当してもらっていたのですが、なにせ1対1の個人面接なのでなかなか多くの方を対象にする事が出来ませんでした。他にも心理教育のプログラムや、家族教室などを院内でおこなってきました。

一般外来では、私自身、精神療法を学んだ技法のエッセンスを用いて治療に当たりますが、充分な時間が取れないこともあり、頭痛の種でもありました。

そこで試みに、平成21年3月にはオーストラリアからモレノのお弟子さん(といっても70歳代ですが)、マックス・クレイトン博士を招いて、患者様の為のグループもおこなっています。通訳1名についてもらい、英語がしゃべれなくても大丈夫なように配慮し、参加された方からは好評でした。私も参加して、久しぶりに興奮しました。

さて、前置きが長くなりました。
カウンセリングをはじめ、心療内科、精神科で治療を受けると決心することには大きな勇気が必要だろうと思います。カウンセリングを希望される方は、自分に対して向き合おうとする勇気をお持ちだと感じ、敬意を表します。

病気の治療全体を見渡した時に、ご本人の希望があれば、カウンセリングも含め治療を考慮するのですが、症状や病気によっては正直に「やめた方がいい」と申し上げることもあります。
治療というものには、必ず、良い面と悪い面とがあります。
ですから、カウンセリングというものも、おこなうかどうかは、病状や、治療する側が担当できるかどうかを考慮するのです。
(単純に患者さま側の問題だけで決める訳ではなく、カウンセラーの能力も考慮します。)
他に、カウンセリングより治療のゴールが近くなるのではないかと医師が判断した場合、「薬物療法を優先しましょう、一般外来だけで短時間ですが精神療法的アプローチをしていきましょう」と提案する事もあります。

本年3月の診療所移転をきっかけに、診療所のとなりに、八戸中央心理オフィスを設けました。
私自身で時間を割いて行なうことが出来ないのがもどかしいのですが、、、カウンセリングが有効ではないかと考える方には、八戸中央心理オフィスでうけていただくようおすめしております。

八戸中央心理オフィスでは、個人のカウンセリングのほか、八戸マナクリニックから委託している、「ご家族の為の家族教室」を行なっております。また、9月からは、サイコドラマティストの高橋美紀氏に、月2回(第2、第4木曜日午後)患者さまの為のサイコドラマを行なっていく予定になっております。

ちょっとずつですが、八戸の地でも良質なカウンセリングを提供する場を設けていこうと思っております。(亀よりのろい?)

近日中に八戸中央心理オフィスのホームページも作成すべく準備をしております。もう少々お待ちください。

八戸マナクリニック 心療内科 精神科 院長